プロによる脱毛を受けるとき、意外と知られていないのが「ムダ毛の自己処理が必要」ということです。

しかし、脱毛をしてくれるサロンなのになぜムダ毛が生えた状態で行ってはいけないのでしょうか。

それは、きちんと自己処理をしてから施術を行うことにより、肌へのダメージを減らしたり、より早く脱毛効果を得たりすることができるからです。

では、もし自己処理を忘れた場合、脱毛施術は受けられないことになるのでしょうか。

今日は、脱毛する前の自己処理に関して詳しくご紹介します。

肝心なのは脱毛前のムダ毛処理!

プロによる脱毛は大きく分けて2種類あり、エステサロンなどで行われている「光脱毛」と、医療クリニックで行われている「レーザー脱毛」に分けることができます。

どちらもレーザーの光を用いて毛根からムダ毛が生えないようにする施術であり、
ムダ毛が長く伸びたままレーザーの光を照射してしまうと、肌へのダメージが大きいのです。

長いムダ毛にレーザー照射が当たることにより、肌に痛みが出たり火傷の危険性が高まったりします。

また、ムダ毛が長く伸びていることで、毛根部分に与える脱毛効果が薄れてしまいます。

こうした理由から、安全性の高い施術と脱毛効果をしっかりと得るためには、ムダ毛をしっかりと処理しておく必要があります。

基本的には、どのサロンでも「ムダ毛の自己処理をしておいてください」と伝えられることが多いので、
しっかりと自己処理をしてからプロの施術を受けるようにしましょう。

VIO脱毛の事前処理は全剃りしないとダメなの?

希望するデザインによって全剃りの必要はないと考える方もいますが、
最初は全剃りした方がいいと言われています。

パイパンにするつもりはないのにどうして全剃りするの?という疑問があるようですが、
その理由は硬くて太い毛を柔らかくするためです。

まずは数回全剃りをして、全体的に薄くして形を整えて残すというのが理想的です。

硬くて太い毛を残してしまうと、形を整えても肌の色と毛の黒い色の境目が目立って不自然になってしまいます。

それを防ぐために全剃りした方がいいと言われているんですね!

なるべく前日までにムダ毛を処理しておくのが良い

多くの脱毛サロンや医療クリニックでは、「自己処理は前日までに行うようにしてください」と伝えられることがあります。

これは、自己処理の方法によっても違いが出るのですが、多くの場合、
カミソリや電気シェーバーを使ってムダ毛を処理する人が多いため、肌が乾燥してしまうのです。

前日までの自己処理では、その後しっかりと保湿対策を取ることもできますが、
レーザー脱毛直前の自己処理では、肌がとても乾燥してしまったり焦って肌を傷つけたりすることもあります。

肌にトラブルがあると施術ができない場合もあるので、
自己処理は余裕をもってレーザー施術の前日までには済ませておくようにしましょう。

ムダ毛の長さが2ミリ程度であれば施術ができるので、
丁寧に自己処理を行うのであれば5日ほど前に行っても大丈夫でしょう。

自己処理後はしっかりと保湿対策をしよう

サロンなどで行われる光脱毛も、クリニックで行うレーザー脱毛も、
レーザーの光を肌に照射して脱毛処理を行うため、施術後の肌はとても乾燥することが多いです。

施術後は冷却ジェルなどを当てて肌をクールダウンしますが、肌の表面は乾燥した状態が続くこともあります。

そのため、普段からしっかりと肌の保湿対策を行っていると、施術後の肌ダメージも軽減されることになります。

ムダ毛の自己処理を行った際は、保湿対策を忘れずに行いましょう。

また、誤って肌を傷つけてしまったりカミソリ負けを起こしてしまったりすると、脱毛施術ができないこともあります。

そのような肌トラブルは、サロンのスタッフにきちんと申告するようにしましょう。

自分では対処しにくい箇所はスタッフサービスも

手や足のムダ毛処理というのは割と簡単にできますが、
背中やVIOゾーンという個所は手が届きにくかったり処理をしにくかったりして、自己処理ができないこともあります。

特に、IラインやOラインといったムダ毛が複雑に入り組んだ箇所は、
自己処理により肌を傷つけることもあり、無理に行うことは避けた方が良いでしょう。

こうした箇所の自己処理は、サロンが無料で対応してくれることが多いです。

しかし、届かない箇所と分かっていても、サロンによっては有料でムダ毛処理を行うこともあります。

施術の契約を結んだときに、ムダ毛処理の対応は有料か無料かの説明があるので、あらかじめ確認をしておきましょう。

部位によって自己処理の方法は違う!?

手や足のムダ毛はカミソリで簡単に処理できても、VIOラインのムダ毛は剛毛であり、カミソリで処置をすることによりチクチクして違和感を覚えることもあります。

そのため、VIOラインのムダ毛は、簡単に処置できる除毛クリームや毛抜きを使用する人もいるでしょう。

しかし、除毛クリームや毛抜きといった処置は、ムダ毛を毛根から引き抜いてしまう行為であり、レーザー脱毛の光を当てても毛根がないため、効果が得にくいことになります。

また、毛抜き後のレーザー脱毛は埋没毛の原因にもなりやすいため、こうしたムダ毛処理方法はおすすめできません。

そして、多くの人が使っていると思われるカミソリですが、これはムダ毛と同時に肌の角質も削り取っていることが多く、肌荒れの原因になることがあります。

レーザー脱毛を行うことを考えると、なるべく全ての箇所において「電気シェーバー」を使って、丁寧にムダ毛処理を行うことがおすすめです。

自己処理を忘れてしまうと脱毛できない?

レーザー脱毛の多くは、半年から数年の間で、およそ1~2カ月おきに施術に通うことになります。

忘れた頃に施術に行くことになるので、自己処理をうっかり忘れてしまうこともあるでしょう。

そのようなときは、サロンで施術を受けられないのでしょうか。

また、自己処理を忘れた当日に、急いで対策を取ることはできるのでしょうか。

実は、結論からいうと、自己処理を完全に忘れた場合、
その日に施術を受けることができない可能性は高くなります。

自己処理忘れ…サロンによって対応は違う

ムダ毛処理の剃り残しがある、手が届かない場所にムダ毛が残っているという場合は、
サロンスタッフがサービスでムダ毛処理を行ってくれることもあるでしょう。

サロンによっては、剃り残したムダ毛の処理を無料で行っている所もあります。

しかし、明らかにムダ毛の処理を忘れている、ムダ毛が伸びきっている場合は、
安全性を考えて施術を断られることが多いです。

ただ、サロンによっては剃り忘れたムダ毛の処理を有料で行っていることもあります。

料金はサロンによって違いはありますが、片腕のムダ毛処理で約2,000円です。

自己処理を行っておけば払う必要のない金額なので、なるべく忘れずに自己処理をして行きましょう。

このほかにも、さらに衛生面のことを踏まえ、新品のシェーバー購入をお願いされることもあります。

自己処理を忘れた!思い出したときの対策は?

脱毛サロンに行っても、ムダ毛の自己処理を忘れていたので施術を受けられなかった…。

このような最悪なケースを防ぐためにも、自己処理は必ず行っておきたいものです。

しかし、当日になって自己処理忘れを思い出したときはどう対処すれば良いでしょうか。

こうした場合、自分でシェーバーを持参してサロンに行くのが良いでしょう。

サロンによっては有料でムダ毛処理を行っているところもありますが、
新しいシェーバー代を請求されたり、ムダ毛処理の請求金額が思っていたより高く追加されたりすることもあります。

ドラッグストアなどで応急処置的に買える安い電気シェーバーもあるので、
そのようなものをサロンに持ち込み、施術前にムダ毛の処置を行えるようお願いしてみましょう。

普段からコンパクトな自分用のシェーバーを持っていれば、
万が一自己処理を忘れてしまったときにも対応できます。

この記事のまとめ

プロによる脱毛の施術前には、きちんと自己処理を行うことが大切です。

定期的に生えてくるムダ毛の処置は面倒で手間が掛かりますが、その手間から解放されるためにも、脱毛に通っている間はきちんと処置を行いましょう。

そうすることにより脱毛効果は高まり、ムダ毛の処理から今後は解放されることにもつながります。

また、剃り残したムダ毛処理の対応はサロンによってさまざまな違いがあります。

脱毛箇所によっても対応が違うこともあるので、契約を結んだ時点でしっかりと確認を取るようにしましょう。